トップページ > 新着情報 >  緊急事態宣言解除後のももち文化センターの対応について

緊急事態宣言解除後のももち文化センターの対応について News

 

緊急事態宣言の解除により、5月20日()より開館いたしました。

緊急事態宣言解除後のももち文化センターの利用予約及び取消対応について、

下記のとおりお知らせいたします。

 【令和262日更新】

1.利用予約について

  大ホール、小ホール

  現在、731日までのご利用については、予防対策と収容定員の半数以内を要請しており、

  人数上限等を満たさない催しについては開催自粛をお願いしております。   

    ※人数制限:大ホールは400名以内、小ホールは75名以内

  8月1日以降のご利用については、感染状況を見つつ、引き続き、予防対策と人数制限の要請をする

  可能があります。

  また、感染拡大の兆候やクラスター発生が見られた場合は、利用できなくなる可能性があります。

 

  会議室・研修室等 

  現時点では人数制限は設けていませんが、密を避けてのご利用をお願いいたします。

  感染状況を見つつ、人数制限等の要請をする可能があります。

  また、感染拡大の兆候やクラスター発生が見られた場合は、利用できなくなる可能性があります。

 2.ももち文化センターでは、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下の対策を行っています。

  皆様のご理解とご協力をお願いいたします。

 利用者の皆様へお願い

  マスクを必ず着用してください。

  発熱や風邪症状(せき・のどの痛みなど)がある方、体調がすぐれない方は来館をお控えください。

  入室前に、各室に設置している消毒液での手指消毒を行ってください。

  入室前に、体温測定を実施しますのでご協力ください。

  室内では、人と人との十分な間隔をあけて着席してください。

  入室前、退出時、入出の待機時には、2メートルを目安に、人と人との十分な間隔を確保してください。

  主催者は、個人情報の管理に十分注意した上で参加者の氏名・連絡先電話番号等を把握してください。

  感染拡大防止に係る職員の指示には必ず従ってください。

  赤外線カメラ温度測定機を本館1階に設置していますので、検温にご協力ください。

    体温が37.5度以上の場合は入館できません。


当館の取組み

  各室入口付近ほか各所に手指消毒液を設置しています。

  ドアノブ、手すりなどの来館者が手を触れられる箇所は、消毒液などによる清掃を強化しています。

  機械換気等により、館内の換気に努めます。 

  職員はマスクを着用し、受付にアクリル板を設置して、来館者に飛沫等の影響がないようにします。

  赤外線カメラ温度測定機を本館1階に設置しています。

  非接触型体温計、次亜塩素酸水、使い捨てクロスのセットを各室に貸し出しいたします。

  その他、状況の変化に応じて必要な対策を実施します。

 

3.取消について

  1)対象期間

    令和2221日(金)から令和2930日(水)利用分  

 

  2)還付額

    新型コロナウイルス感染拡大防止を目的とした中止の場合は、全額還付いたします。

    ※取消手続きが必要です。詳しくはももち文化センターまでお問合せください。

    ※新型コロナウイルス感染拡大防止を目的で対象期間に既に50%還付の手続きをされた方に

      つきましては、全額還付の手続きをさせていただきます。対象者には追ってご連絡いたします。 

    ※令和2101日以降の利用分につきましては、通常の取消規程が適用されます。 

 

状況の変化により、対象期間が変更される場合がございますので、当ホームページをご覧ください。

>> 新着情報一覧はこちら

名誉館長

福岡県立ももち文化センターは、福岡県福岡市にある貸しホール・ 会議室を有する文化施設です

福岡市民劇場例会のご案内

予約状況の確認はこちら

施設についてのお知らせ

arrow AEDについて
arrow 救マーク認証について
arrow インターネット利用方法について
arrow 福岡県の各ホールのリンク

リンク集

arrow 福岡県庁ホームページ
arrow 福岡県持続化緊急支援金(新型コロナウイルス対策用)
arrow ふくおか生涯学習ひろば
arrow 福岡市ももち体育館

ももち文化センターの運営管理は指定管理者ももちパレスネットワークが行っております。

pagetop ページのトップへ戻る